エンタメ

アウト×デラックス【加護亜依】デビュー当時から喫煙の真相まで

2011.11.11加護亜依がアウト×デラックスに出演

デビューから喫煙の真相までを語った
その様子を画像と一緒に見てみましょう

2000年加護亜依デビュー

モーニング娘4期として12歳でデビュー

今ハマっているのは「ピンク」と話しています

辻と先輩メンバーをいじったりもしました

01年1月「ミニモニ」を結成

加護亜依、矢口真里、辻希美、
ミカ・タレッサ・トッドの4人で結成

つんく♂さんにお願いした
「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」は大ヒット

その後小学生以下の子どもたちにも人気となり、
「おはスタ」ではレギュラーも努めた。
たくさんのグッズも発売され、大ブレイクとなった。

モーニング娘の中から身長150㌢以下メンバーのを
集めて結成された。
その中でも一番大きかった加護亜依は
なるべく身長が伸びない用にと願い、
靴の中敷きを抜いたり、
束ねた髪をなるべく低く結んだりと努力したそう。

楽しそうなミニモニ

三人祭り結成

加護亜依、松浦亜弥、石川梨華の三人で結成したグループ

当時は夢中でやっていたが、他の二人に比べ太っていた加護は
お腹を見せたり、パンツを見せたりするのが本当に嫌いだったそう。

チュッ!夏パ~ティは大ヒットとなりました

そんな加護亜依ですが、
2006年、2007年に喫煙報道があり、
当時所属していたアップフロントエージェンシーを
解雇された。

人気絶頂だった彼女が喫煙をしていた理由は?

今だから言える、

ということで
2021年5月に「宮迫ですッ!」で
こんなふうに言っている
「ストレスで吸ったんだねって言われるけれど
全然ストレスじゃない。ホントに興味本位と声を潰したくて」

なんで吸ったかって言ったら

ハスキーになりたくてなりたくて

声潰すにはどうしたらいいか?って

そういうことだったんですね

まとめ

12歳から芸能界に入り、またたく間にトップアイドルになった加護亜依さん
光と影を味わい今は、落ち着いた雰囲気た感じですね。
色々なことがありましたが、お母さんとしての一面も見せ
身近になったかも知れませんね。
ますますの活躍を期待しましょう!!